Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツアー報告「3月」

自然食①

◆3月15日(土)~16日(日):1泊2日
「自然食で変わるココロとカラダ ~自然療法とマクロビオティック~」

【場所】森と風のがっこう
【講師】東城百合子、三浦聖貴

 2008年春の一発目、スローツアー3月の報告です。
 今回のテーマはズバリ「自然食」。スローツアーではいつも、食事には力を入れているのですが、今回はいつも以上に食べっぱなしの2日間でした。なんとスローツアー史上最多の参加者24名!東城先生の力なのか、単に食いしん坊が集まっただけなのか。とにかく春を飾るにふさわしい、にぎやかなツアーになりました。

追記を表示

スポンサーサイト

「凡人サミット」大成功です!

 凡人サミット① 凡人サミット② 凡人サミット③

 いやー、やりました!第1回北いわて凡人サミット!

 楽しかったねー!遊びに来てくれたみなさん、ありがとうございました!これだけ豪華なパネリストのみなさんに来ていただいて、会場がスッカラカンだったらどうしようと心配していたのですが、第1部・第2部ともにたくさんのみなさんにおいでいただき、ホント~にうれしかったですよ。

 映画上映も凡人パネリストのみなさんの熱い言葉もすばらしかったけど、個人的には、拙者が作詞して田口さんに曲をつけてもらった歌「凡人になりたい」が最高だったなあ。田口さんのライブでは、僕もステージで一緒に歌わせてもらえて大満足!サミット終了後の打ち上げでも歌ってもらっちゃいました。よーし、絶対CD化するぞー!

 北いわてには、まだまだステキな凡人さんたちがいるはず。これからの「スローツアー」、そして「第2回北いわて凡人サミット」にご期待ください!

2007年度ツアー報告(その4)

雪⑥◆1月12日(土)~14日(月・祝)
『一面に広がる白銀の世界・葛巻町』

~森と風のがっこうで出会う北いわての冬~
場所:森と風のがっこう(葛巻町)
講師:外地達雄、土谷勝子

 大変遅くなりましたが、1月のツアー報告です!
 2007年最初のツアーは、森と風のがっこうで北いわての冬を満喫しちゃおう!という2泊3日です。実は厳冬期にスローツアーを開催するのは初めてで、はたして人が集まるのか不安だったのですが、県内をはじめ東京・神奈川、遠くは岡山・高知からも、もの好きなみなさんに参加していただき、にぎやかに開催することができました。

追記を表示

2007年度ツアー報告(その3)

(7)11月3日(土・祝)~4日(日)
『懐かしい心の原風景・山根六郷』~記憶と記録に残る山村文化~
場所:山根六郷(久慈市山根町)&森と風のがっこう
講師:黒沼忠雄(山根六郷研究会)
 山根④ 山根⑤ 山根③
 11月ツアーの訪問地は、スローツアー共同企画団体の山根六郷研究会が長年取り組んでいる地域「山根六郷」です。山根六郷(六つの村の総称)は、江戸時代には久慈・野田海岸の塩や海産物を内陸へと運ぶ「塩の道」の駅場として栄えていましたが、今日では500人あまりの人々が、美しい自然と先人たちが築いた文化・景観を守りながら静かに暮らしています。研究会の企画で平成元年から始まった「水車まつり」に参加し、活気ある地域づくりの現場を見てきました。


山根① 1日目は山根六郷めぐりと題し、研究会の黒沼忠雄さんの案内で、日当フクさんの生家や炭の里、家具や染物の工房にうかがいました。日当フクさんとは、研究会が制作した伝承記録映画『麻と暮らし』の中で、麻の栽培から糸をとり、布に織るまでを再現して見せてくれた、研究会のルーツともいえるおばあちゃんです。すでにフクさんは亡くなっていますが、フクさんのお嫁さんにあたるトシ子おばあちゃんが、フクさんの織った布や道具などを見せてくださり、栗餡のお饅頭もご馳走してくださいました。
 

山根② 2日目はいよいよ「水車まつり」です。地域のみなさんが作った伝統料理や加工品を求めて集まった人たちで、普段は静かな山根六郷が大変なにぎわいです。田楽豆腐・うきうき・軍配もち・焼きストギ・ゆかべ・イワナの塩焼き・粟もちなど。私たちも朝から食べっぱなしでお腹一杯になりました。山根神楽や小学生たちのよさこいソーランも披露され、小規模ではあっても、あたたかい感じがするお祭りでした。

 

 今回のツアーでは、研究会の黒沼さんの言葉が強く印象に残りました。それは、「山根六郷研究会の活動はフクさんとの出会いから始まった」というものです。一人のおばあちゃんに魅せられた人々が、20年以上にわたり一つの地域にこだわり、それを支える活動を続けてきたという事実に驚いてしまいます。人と人の出会いには、それだけの力があるのですね。そして、北いわてには、フクさんのような「ふる里人」がまだまだいるに違いないとも思うのです。そんな魅力的な人たちも、このブログを通して紹介していけたらいいなあと思っています。

2007年度ツアー報告(その2)

 今年度、第4回からのツアーは、その土地土地に根ざした暮らしのあり方から学ぶことを目的とした「自然の恵みと共に生きる山里編」です。森と風のがっこうを飛び出して、北いわての魅力的な人や地域に出会ってきました。

(4)8月18日(土)~19日(日)
『自然エネルギーの里・葛巻町』~森と風のがっこうと町内探検~
場所:森と風のがっこう&葛巻町内
講師:酒匂徹(自然農園ウレシパモシリ)、吉澤晴之(葛巻町農林環境エネルギー課)
 葛巻① 葛巻② 葛巻③
 「山里編」初回の舞台は、森と風のがっこうがある葛巻町です。1日目は、日本で数少ないパーマカルチャーの実践者、酒匂徹さんによる「パーマカルチャー講座」、そして2日目はエネルギー自給率100%を目指す葛巻町内をめぐる「見学ツアー」を行いました。
 パーマカルチャーとは、自然環境と調和した農的暮らしのデザイン体系のこと。森と風のがっこうの施設デザインにも関わってこられた酒匂さんに解説していただくと、森風の中に何故その施設が必要なのか、どのように物質が循環しているのか、がよく見えてきます。また、葛巻町役場の吉澤晴之さんの案内で、風力発電所などの施設を見学し、町ぐるみで自然エネルギー導入に邁進する葛巻町の取り組みにも触れていただきました。
 持続可能な社会へのヒントは、地元にある資源を活かすことと、それを使い捨てせずに循環させることにあると思います。森と風のがっこうは葛巻町と共に、これからも持続可能な暮らしのスタイルを発信していきます。

追記を表示

Appendix


ブログ内検索


森風 Web Site


    メールはこちらから

    ツアーについてのお問い合わせはお気軽にどうぞ。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    Extra

    プロフィール

    スロー人

    Author:スロー人
    ◆このブログは、北いわてのスローツアー事務局が運営しています。

    【北いわてのスローツアー事務局】
    NPO法人岩手子ども環境研究所(森と風のがっこう)
    〒028-5403
    岩手県岩手郡葛巻町江刈42-17
    TEL&FAX 0195-66-0646
    E-mail mori@kaze.mi.to

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    最近の記事

    FC2カウンター

    最近のトラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。