Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://morikazeslowtour.blog26.fc2.com/tb.php/7-19903771
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

2007年度ツアー報告(その3)

(7)11月3日(土・祝)~4日(日)
『懐かしい心の原風景・山根六郷』~記憶と記録に残る山村文化~
場所:山根六郷(久慈市山根町)&森と風のがっこう
講師:黒沼忠雄(山根六郷研究会)
 山根④ 山根⑤ 山根③
 11月ツアーの訪問地は、スローツアー共同企画団体の山根六郷研究会が長年取り組んでいる地域「山根六郷」です。山根六郷(六つの村の総称)は、江戸時代には久慈・野田海岸の塩や海産物を内陸へと運ぶ「塩の道」の駅場として栄えていましたが、今日では500人あまりの人々が、美しい自然と先人たちが築いた文化・景観を守りながら静かに暮らしています。研究会の企画で平成元年から始まった「水車まつり」に参加し、活気ある地域づくりの現場を見てきました。


山根① 1日目は山根六郷めぐりと題し、研究会の黒沼忠雄さんの案内で、日当フクさんの生家や炭の里、家具や染物の工房にうかがいました。日当フクさんとは、研究会が制作した伝承記録映画『麻と暮らし』の中で、麻の栽培から糸をとり、布に織るまでを再現して見せてくれた、研究会のルーツともいえるおばあちゃんです。すでにフクさんは亡くなっていますが、フクさんのお嫁さんにあたるトシ子おばあちゃんが、フクさんの織った布や道具などを見せてくださり、栗餡のお饅頭もご馳走してくださいました。
 

山根② 2日目はいよいよ「水車まつり」です。地域のみなさんが作った伝統料理や加工品を求めて集まった人たちで、普段は静かな山根六郷が大変なにぎわいです。田楽豆腐・うきうき・軍配もち・焼きストギ・ゆかべ・イワナの塩焼き・粟もちなど。私たちも朝から食べっぱなしでお腹一杯になりました。山根神楽や小学生たちのよさこいソーランも披露され、小規模ではあっても、あたたかい感じがするお祭りでした。

 

 今回のツアーでは、研究会の黒沼さんの言葉が強く印象に残りました。それは、「山根六郷研究会の活動はフクさんとの出会いから始まった」というものです。一人のおばあちゃんに魅せられた人々が、20年以上にわたり一つの地域にこだわり、それを支える活動を続けてきたという事実に驚いてしまいます。人と人の出会いには、それだけの力があるのですね。そして、北いわてには、フクさんのような「ふる里人」がまだまだいるに違いないとも思うのです。そんな魅力的な人たちも、このブログを通して紹介していけたらいいなあと思っています。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://morikazeslowtour.blog26.fc2.com/tb.php/7-19903771
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix


ブログ内検索


森風 Web Site


    メールはこちらから

    ツアーについてのお問い合わせはお気軽にどうぞ。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    Extra

    プロフィール

    スロー人

    Author:スロー人
    ◆このブログは、北いわてのスローツアー事務局が運営しています。

    【北いわてのスローツアー事務局】
    NPO法人岩手子ども環境研究所(森と風のがっこう)
    〒028-5403
    岩手県岩手郡葛巻町江刈42-17
    TEL&FAX 0195-66-0646
    E-mail mori@kaze.mi.to

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    最近の記事

    FC2カウンター

    最近のトラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。